コラム

賃貸マンションの初期費用はいくらかかる?初めての人が知っておくべき3つのこと

  • お役立ち情報

賃貸マンションの契約の際に必要なのは、家賃だけではありません。

家賃以外にも様々なお金がかかるため、しっかりと準備しておきましょう。

今回は、賃貸マンションの契約時にかかる”初期費用”についてご紹介します。

知っておきたい!賃貸マンション初期費用の3つのポイント

お部屋探しをする際に家賃などの毎月かかる固定費ばかりを気にしていませんか?

多くの場合、お引越しする際には敷金や礼金などの初期費用がかかります。

今回は、賃貸マンションの初期費用の3つのポイントについて解説していきます。

1.家賃以外にかかるお金がたくさんある

1.家賃以外にかかるお金がたくさんある

家賃は毎月支払う費用ですが、それとは別に契約時に支払う初期費用があります。

次の費用は初期費用として必要になる場合が多いので覚えておきましょう。

敷金

これから住むお部屋の契約終了時に原状回復費用に充てるための費用です。

お部屋のクリーニングや修復の費用を前払いするようなイメージで、使用しなかった場合は戻ってくることが多いです。

金額の目安は家賃1ヶ月分程度です。

礼金

お部屋の持ち主である大家さんやオーナーさんにお礼やご挨拶の意味を込めて支払います。

こちらは、退去時に返還されることはありません。

金額の目安は家賃1ヶ月分程度です。

仲介手数料

仲介をしてくれた不動産会社に支払う費用です。

金額の目安は家賃1ヶ月分程度です。

火災保険料

もしもに備えて火災保険に加入するための費用です。

基本的には、契約時に加入が義務付けられるまたはすでに加入済みの場合は加入証明を提出するなどの手続きが必要です。

保証内容や費用は損害保険会社によって異なります。

鍵の交換費用

入居時に鍵の交換が必要な物件の場合、鍵の交換費用が必要です。

交換しない場合は無料ですので、こちらは不動産会社またはオーナー様に確認しましょう。

前家賃

入居する月の家賃を初期費用とまとめて支払う場合があります。

月の途中から入居することになった場合、日割り計算した費用が請求されます。

2.引越し費用も初期費用のひとつ

2.引越し費用も初期費用のひとつ

家具などの運搬を引越し業者に依頼したり、足りない家具や家電を買い足したりという費用もかかります。

初期費用の予算を考える場合に、引越し費用は大きな割合を占めますので、必ずいくら必要か考えておきましょう。

自家用車での運搬も可能ですが、冷蔵庫や収納家具など大型のものを賃貸に持ち込む際には、引越し業者に依頼する方がトラブルになりにくいでしょう。

3.初期費用を抑える方法

3.初期費用を安くする方法

できるだけ賃貸にかかる初期費用を抑えたいという場合には、次の方法を試してみましょう。

敷金・礼金がないお部屋を探す

賃貸物件によっては、敷金・礼金をゼロ円にしているところもあります。

ただし、敷金が無料の場合には退去時にクリーニング費用などが別途必要になることもあるので覚えておきましょう。

仲介手数料が安い不動産会社を探す

一般的に、家賃が高くなればなるほど仲介手数料も高くなります。

不動産会社によっては仲介手数料がかからない場合もあるので、不動産会社を選ぶ際にはその点も注意してみましょう。

ベイシスではお得なキャンペーンを実施中!

ベイシスデザイナーズスタイルでご紹介中のデザイナーズマンションでは、キャッシュバックや、礼金0円キャンペーン、仲介手数料無料キャンペーンを行っています。

対象の賃貸物件は、初期費用を抑えて、お得にご契約いただけますので物件一覧よりご確認ください。

物件一覧を見る

ハイグレードなデザイナーズ賃貸マンションをぜひ一度ご覧ください。


カテゴリ



新着記事