コラム

賃貸の探し方にコツはある?理想の物件を見つけるための手順を徹底解説

  • お部屋探し

みなさんはどのような方法で賃貸物件を探していますか?

初めて賃貸物件を探す人は、たくさん物件が出てきて迷ってしまうのではないでしょうか。

思い通りの物件をすぐに見つけられる人もいれば、何件も賃貸物件を巡って時間をかけて探す人もいます。

そこで今回は、賃貸の探し方の手順とコツをご紹介します。

賃貸物件の探し方とは?理想のお家を見つける手順

住んでから後悔しないためにも、賃貸物件はいくつかを比較しながら理想のお家を探しましょう。

賃貸の探し方1.まずはネットで情報収集

賃貸の探し方1.まずはネットで情報収集

賃貸を探すタイミングがきたら不動産屋さんに直行、という人もいますが、まずはインターネットを使った情報収集がおすすめです。

「住みたいエリア+賃貸」「住みたいエリア+デザイナーズマンション」などで検索するとたくさんの物件を見ることができます。

たくさんの賃貸物件を見るだけでも、家賃相場や物件数を把握できます。

条件を決めておくと効率的

インターネットでの検索はたくさんの賃貸物件の情報が手に入りますが、情報量が多く飲み込まれてしまう可能性も。

賃貸物件の上方は、一人暮らし用からファミリー用まで様々です。

検索するときには、理想の物件の条件を決めておきましょう。

  • 家賃
  • 間取り
  • 最寄り駅までの距離
  • 設備 など

賃貸を探すときに譲れない条件を決めておくと、物件も絞り込みやすくなります。

賃貸の探し方2.実際に行って内見してみる

賃貸の探し方2.実際に行って内見してみる

気になる物件をピックアップしたら、必ずその賃貸に足を運んでみましょう。

インターネットの情報だけでは見えなかった部分を自分の目でしっかり見ておきます。

いくつかの物件を見て回って、最終候補を見つけ出しておきましょう。

内見で見るべきポイントって?

  • 賃貸の周辺の状況
  • 最寄り駅までの道のり
  • 部屋の向き(日当たり)
  • 壁や床の色

賃貸物件の周辺の人通りや、スーパーやコンビニの有無はチェックしておきましょう。

また、最寄り駅まで徒歩5分以内の物件でも、道のりが坂道であったり信号や踏切が多く時間がかかる場合もあります。

こういった部分は内見の際に実際に歩き回って確認しておくと安心です。

また、インテリアコーディネートにこだわりたい人は、後から自分で変えることが難しい壁紙や床板の色味が自分の好みに合うかもチェックしましょう。

賃貸の探し方3.最終候補を比較する

賃貸の探し方3.最終候補を比較する

最終候補が決まったら、それぞれを比較します。

立地、間取り、家賃はもちろん、賃貸のデザインやキッチンの使い勝手、お風呂の広さなど細かい部分も比べましょう。

比較することでより理想に近い物件を見つけ出すことができますよ。

理想の賃貸を見つけるコツは?

住んでみると思っていたのと違ったという理由で、せっかく時間をかけて見つけた賃貸をすぐに解約してしまうのはもったいないですよね。

探し方のコツは、住んでいる自分を想像してみること。

内見に行ったときには、実際に自分がその物件で暮らしている様子を思い浮かべてみましょう。

次のようなことを頭に置いておくと、具体的にイメージもしやすいですよ。

収納は必要?

収納は必要?

引っ越してからどこに何を収納するか想像しましょう。

収納を部屋探しの条件に挙げる人もいますが、持ち物が少ない人は、収納がないお部屋でも不便なく過ごすことができます。

自分の持ち物の量に合った収納ができるお部屋だと、散らからずに快適に過ごすことができます。

湯船にはつかる?

湯船にはつかる?

毎日湯船につかりたい、お風呂は広いほうが良いという人は、トイレ・バス別の賃貸物件を選びましょう。

また、帰宅時間が異なる二人以上で生活する場合は追い焚き機能があると便利です。

飲食店が多いエリアは注意

飲食店が多いエリアは注意

賃貸物件の周辺に飲食店が多いと、人通りが多く明るい場所が多いため安心ですが、夜遅くまで賑やかな場合もあります。

自炊をしない人にとっては便利ですが、できるだけ静かなところで暮らしたいという人は注意しましょう。

コツを押さえて理想の賃貸を探しましょう

今回は、賃貸物件を探す手順と探し方のコツをご紹介しました。

いくつかの物件を比較して見て回る時間を楽しみながら、ぜひ理想の賃貸を探してみてください。


カテゴリ



新着記事