コラム

【失敗しない人が見ている】賃貸マンション選びの7つのポイント!

  • お役立ち情報

賃貸マンション選びのときに覚えておきたいポイントをご紹介します。

住み始めてから後悔しないように、基本から見落としがちなところまで一挙大公開していきます。

失敗しない人は知っている!賃貸マンション選びの7つのポイント

今回は物件探しや内見のときに確認しておきたいポイントを7つご紹介します。

ポイント1.賃貸マンション周辺の様子

ポイント1.賃貸マンション周辺の様子

賃貸マンションは外観や内装だけでなく、周辺にどんなお店があるのかなどの環境も見ておきましょう。

コンビニやスーパー、銀行、病院などの生活に必要な施設が賃貸マンションから遠い場合、不便に感じてしまいます。

また、お店が多いエリアは夜まで明るいので女性も安心ですが、夜遅くまで人通りが多い可能性もあるので注意が必要です。

ポイント2.駅までのルートは要確認

ポイント2.駅までのルートは要確認

賃貸マンションの情報に最寄り駅までの所要時間が記載されていることが多いですが、ルートも確かめましょう。

最寄り駅までの移動手段によっても異なりますが、広い道を通る必要があるのか、徒歩の場合は歩道橋はないかなどによっても時間が異なります。

賃貸マンションから駅まで実際に移動してみて不便がないか確認しておくのがポイントです。

ポイント3.間取りは生活動線が大切

ポイント3.間取りは生活動線が大切

お部屋の広さや部屋数に注目している人が多いですが、暮らしやすい間取りになっているかも確認しましょう。

例えば、キッチンで料理をしてダイニングまでスムーズに運べるか、片付けはスムーズにできるか。

洗濯機を置く場所から干す場所までは遠すぎないかなど。

自分の生活を思い出しながら生活動線の整った間取りであるか確認することで、より快適に生活できる賃貸マンション選びができますよ。

ポイント4.部屋の向きは暮らしを左右する

ポイント4.部屋の向きは暮らしを左右する

賃貸マンションでは部屋がどの方向を向いているのかも確認しましょう。

部屋の向きによって日当たりは大きく変わり、室内の温度や明るさが異なります。

朝日が差し込むのは困るという場合は西向きの部屋を選ぶなど、ライフスタイルに合わせて部屋の向きも選びましょう。

ポイント5.コンロは2口以上が便利

ポイント5.コンロは2口以上が便利

キッチンがある賃貸マンションの場合は、コンロが2口以上あると便利です。

1口しかないキッチンだと、料理とお湯を沸かすなどの同時進行が難しく不便に感じてしまいます。

普段料理をしない人や、家事に慣れていない人こそ、コンロが2口以上ある賃貸マンションを選びましょう。

ポイント6.備え付けの収納は大切

ポイント6.備え付けの収納は大切

賃貸マンションのように限られたスペースで快適に暮らすためには収納家具は必要不可欠です。

備え付けのクローゼットなどの収納家具があるかを確認しましょう。

収納スペースが一切ないお部屋の場合、いくら広くても物が散らかったり家具で居住スペースが圧迫されてしまいます。

キッチン周り、洗面周りなどは自分で収納を置きにくい場所でもあるので、内見のときにしっかり見ておきましょう。

ポイント7.共用部分は賃貸マンションを表す鏡

ポイント7.共用部分は賃貸マンションを表す鏡

賃貸マンションでは部屋だけでなく共用部分も見ておきましょう。

エントランスは清潔に保たれているか、エレベーターは混み合っていないか、廊下部分に私物は放置されていないかなど、自分以外の住人の暮らしぶりを見ることで、物件の管理体制がわかります。

共用部分がキレイな賃貸マンションは、トラブルが起こりにくい一つの判断基準にもできますよ。

賃貸マンション選びはポイントをおさえて失敗しない!

今回は、賃貸マンション選びで覚えておきたいポイントをご紹介しました。

家賃や間取りだけでなく、細かいところまでチェックしておくと、住んでから後悔することがなくなりますよ。

また、気になる賃貸マンションを見つけたら必ず内見を行うようにしましょう。

実際に足を運ぶことではじめてわかることもありますよ。

▼関連記事

おしゃれな暮らしをしたい人向け!デザイナーズマンションを選ぶ4つのメリット!

大阪のおしゃれな賃貸マンション。1LDK以上で立地も抜群の物件5選


カテゴリ



新着記事