コラム

単身赴任はどんな物件に住むべき?暮らしやすいマンションの探し方

  • お役立ち情報

単身赴任の物件探しはどのようなところに注目しますか?

慣れない単身赴任先での生活を充実したものにするために、押さえておきたいポイントがいくつかあります。

今回は、単身赴任が決まり物件を探している方に向けて、暮らしやすいマンションの探し方をご紹介します。

単身赴任で暮らしやすい物件とは?理想のマンションの探し方

家族と離れて一人で生活しなければいけない単身赴任は、不便なく暮らせるマンションがおすすめです。

会社の寮や指定のマンションがない場合、次のポイントを押さえて物件を探しましょう。

会社へのアクセスを重視する

会社へのアクセスは重視する

単身赴任で住むマンションを選ぶときに最も重視したいのは、会社へのアクセスです。会社まで徒歩や自転車で通勤できる場所が理想ですが、電車を使用する場合は30分以内を目安にしておくと、負担がかかりにくいですよ。

マンションを選ぶ条件として駅近であることは必ず頭に置いておきましょう。

スーパーやコンビニの場所をチェック

スーパーやコンビニの場所をチェック

家族と離れて生活する単身赴任では、家事や食事の準備もすべて自分ひとりで行わなければいけません。

夜遅く帰ってきて自炊がしたくないときに食料品を購入できるスーパーやコンビニがマンションの近くにあると便利です。

徒歩圏内や帰り道にスーパーやコンビニがあるか確認しましょう。

周りに飲食店がある場所はおすすめ?

外食の機会が多い人は、マンションの周りに飲食店がある場所もおすすめです。

単身赴任先でしか食べられないような食事を楽しむのも醍醐味です。

ただし、夜遅くまで人が多かったり、マンション周辺が賑やかな場合もあるので注意しましょう。

帰省しやすいところが便利

家族のところに帰れる場所が便利

車に乗らない場合には、新幹線の停車駅が近いところや空港までのアクセスが良いところに住むのがおすすめです。

帰省がしやすい場所を選んでおくと、緊急のときにも安心です。

クリーニング屋さんもチェック!

クリーニング屋さんもチェック!

毎日スーツで出勤する人は、クリーニング屋さんが近くにあるマンションを選びましょう。

ワイシャツの洗濯やアイロンがけは自分ですべてやるとなるとかなり手間です。

普段家族に助けてもらっていたという人は、クリーニング屋さんがあるだけでストレスを軽減できます。

マンションの部屋の向きに注意

マンションの部屋の方角に注意

部屋の向きによって変わるのが日当たりの良し悪しです。

日当たりによって洗濯物の乾きやすさや部屋の温度が変わります。

東向きのお部屋はお天気が良い日には朝日が差し込みますが、夜型の生活の人にとっては睡眠の妨げになってしまいます。

西向きのお部屋は西日が差し込むため冬場は暖かいですが、夏は冷房が効かないほど部屋の温度が上がることもあります。

自分のライフスタイルに合わせてお部屋の方角を選んでおくと、快適に生活できます。

単身赴任のマンション探しで気になることを解決!

実際に単身赴任先のマンションを探すときに、みなさんが疑問に思う項目をまとめました。

マンスリーやウィークリーのマンションじゃダメ?

マンスリーやウィークリーのマンションじゃダメ?

賃貸マンションの場合、大半が1年半〜2年の契約です。

それ以前に解約する場合は違約金などが発生する場合もありますので、単身赴任の期間が短い場合には、マンスリーマンションやウィークリーマンションも視野に入れて検討しましょう。

ただし、ウィークリーマンションなどは学生さんや若い人が暮らしていることも多く、賑やかな場合もあります。

単身赴任期間が本当に短いときや、賃貸マンションでは違約金が発生する時だけにしておきましょう。

住民票はどうするべき?

単身赴任が決まったときに悩むのが、住民票を移すかどうかですよね。

目安として1年以上の単身赴任の場合、住民票を引越し先に移しておきましょう。

住民票は手続きの際に必要になることが多いので、長期間の単身赴任の場合は移しておくと不便がありません。

単身赴任先のマンションは利便性重視で

今回は慣れない単身赴任先でのマンション探しのポイントを解説しました。

一人暮らしの経験がある人も、突然家族と離れるとなると上手く行かないこともでてきます。

暮らしやすいマンションを探して、毎日の負担やストレスを軽減した毎日を送りましょう!


カテゴリ



新着記事