コラム

【暮らしの質を高める】初めての人が知っておきたい、賃貸の選び方の10のコツ

  • お部屋探し

賃貸探しで、家賃や間取りばかりを見ていませんか?

もちろん大切なことですが、賃貸を選ぶときには他にも必ず見ておきたいポイントがあります。

今回は、賃貸を探すのが初めての人が見落としがちな、選び方のコツをご紹介します。

賃貸の選び方の10のコツ。初心者が気をつけたいこととは?

住んでから後悔しても、賃貸はすぐに解約することはできません。

暮らしの質を高めるためにも、選び方のコツをしっかりとおさえて、納得のいく物件を探しましょう。

選び方のコツ1.最寄り駅は沿線までチェック

選び方のコツ1.最寄り駅は沿線までチェック

賃貸を選ぶ際に最寄り駅までのアクセスを重視する人も多いですが、最寄り駅が何線の停車駅なのかまで確認しましょう。

快速が停車しない駅だったり、電車の本数が少なかったりと、実際に駅を利用している人しか気づかない落とし穴が。

最寄り駅の沿線を確認して、時刻表を見ておくと安心です。

また、最寄り駅以外にも徒歩圏内に駅があるかも見ておきましょう!

公共交通機関を頻繁に利用する場合は、周辺に駅やバス停がたくさんある賃貸物件を選ぶのがおすすめです。

選び方のコツ2.部屋の導線に注意

選び方のコツ2.部屋の導線に注意

広さや部屋数も大切ですが、実際に住んだときの導線に適しているかを確認しましょう。

特に、家事動線には注意が必要です。

部屋内の移動を表す生活動線は不便なく設計されている賃貸がほとんどですが、家事動線は入居者のライフスタイルによって異なるため、お部屋によっては暮らしにくさを感じてしまうかもしれません。

洗面所に洗濯物をとりにいって、リビングを通ってベランダに干しに行く、といった一連の流れをイメージして、実際に住んだときの導線が整っているかを見ておきましょう。

選び方のコツ3.キッチンは2口以上が◎

選び方のコツ3.キッチンは2口以上が◎

キッチンの広さは確認しても、初めての人が見落としがちなのがコンロの数。

賃貸ではまずは、コンロが備え付けられているか、そしてコンロは何口あるかを確認しましょう。

1口しかないコンロは家事効率が落ちてしまい、ストレスの原因にもなるため注意が必要です。

選び方のコツ4.収納の有無を確認

選び方のコツ4.収納の有無を確認

賃貸に収納がない場合、自分で収納家具を準備する必要があり、実際に住んでみるとお部屋が狭く感じてしまう可能性もあります。

クローゼットや洗面所収納が備え付けられているか、どの程度の収納力があるかを確認しましょう。

特に玄関収納は設置されていないこともあるので、見逃さずにチェックしてください。

選び方のコツ5.ゴミは24時間出せると便利

選び方のコツ5.ゴミは24時間出せると便利

賃貸の中には、物件の敷地内に専用のゴミ捨て場が設置されている場所もあります。

24時間いつでもゴミ出し可能な物件は、忙しい毎日を過ごす人にとっては便利です。

仕事をして家を空けている時間が長い人や、毎日ゴミ出しして清潔感をキープしたい人におすすめです。

ゴミ捨て場がある場合は、清潔感も確認しておきましょう。

選び方のコツ6.災害の情報を確認

選び方のコツ6.災害の情報を確認

自然災害の多い日本では、災害が起こることを見越して物件を選びましょう。

地震だけではなく、川や海などの近くでは豪雨や台風による水害の恐れや、山の近くでは土砂崩れの危険性もあります。

災害の情報は、都道府県や市区町村のホームページに掲載されているので、お目当ての物件の情報は必ずチェックすることをおすすめします。

選び方のコツ7.内覧(内見)は必ず行う

選び方のコツ7.内覧(内見)は必ず行う

賃貸を探すうえで欠かせないのが内覧です。

ネットで気になる物件を探せるのはお手軽ですが、必ず内覧に足を運んで実際に見てみましょう。

写真だけではわからない、日当たりやニオイ、雰囲気、壁の薄さなどをしっかり確認することで、住んでからの失敗を防げます。

選び方のコツ8.周辺の施設を見ておく

選び方のコツ8.周辺の施設を見ておく

賃貸の周辺に、どんな施設があるかをしっかり確認しておきましょう。

特に、生活に欠かせない次のような施設や店舗があると不便なく暮らすことができます。

  • スーパー
  • 病院
  • 銀行
  • コンビニ
  • 薬局
  • 役所
  • クリーニング店
  • 郵便局

上記に加えて、一人暮らしの場合は夜遅くまでやっている飲食店やカフェがあると、仕事終わりに立ち寄ることができて便利です。

お子様と一緒に暮らす場合は、幼稚園や保育園、学校だけでなく、公園や図書館があるかも見ておきましょう。

選び方のコツ9.女性の場合は治安重視

選び方のコツ9.女性の場合は治安重視

一人暮らしも含めて女性が賃貸を探すときには、周辺の治安にも気を配りましょう。

内覧に行くのは大抵お昼間であることが多いため、夜の様子までは把握できてないことが多々あります。

街灯がついているか、交番はあるか、遅くまでやっているパチンコ店や飲み屋街はないかなどを確認しましょう。

選び方のコツ10.モニター付きインターホンが便利

選び方のコツ10.TV付きインターホンが便利

賃貸を選ぶときにオートロックであるかを見る人は多いですが、合わせてモニター付きのインターホンがあるかも見ておきましょう。

誰かが訪ねてきた場合に顔を確認できるので、不審者の侵入を防ぐことができます。

また、無用なセールスも扉を開けずに断ることができるため、狙われやすい女性やお子様との暮らしでは役立ちます。

選び方のコツを覚えて賃貸を探しましょう!

初めて賃貸を探すときに見落としがちなポイントを10個ご紹介しました。

選び方のコツをおさえながらまずは物件の情報をたくさん見てみましょう。

▼関連記事

【後悔しない物件探し】同棲におすすめの大阪市内の駅近マンション5選

一人暮らしにも同棲にも。本町のモダンな賃貸マンションで充実した毎日を


カテゴリ



新着記事