コラム

社会人のマンション選び情報まとめ!間取りや家賃はどのくらいが適切?

  • お部屋探し

社会人になったことをきっかけに初めてマンション探しをする人や、自立したことをきっかけに自分だけで家探しをする人は多いですよね。

また、そこで悩んでしまうのが、一体どのくらいの家賃のマンションを選ぶのか、どんな間取りのお部屋が良いのかですよね。

今回は、新社会人に知ってほしいマンション探しの情報をまとめてご紹介します。

社会人はマンションをこう選ぶ!適切な家賃や間取りは?

社会人になったから少し奮発して良い家を探してみるというのも良いですが、まずは自分が無理なく住むことができるお部屋がおすすめです。

忙しくなり、ただでさえバタバタする社会人生活の疲れを取ることができるマンションを選びましょう。

家賃はどのくらいが適切?

家賃はどのくらいが適切?

社会人になったら、毎月の給与から家賃を計算してみましょう。

適切な家賃は、手取り額の3分の1以下とされています。

手取り金額の3分の1を超えると、家賃が家計を圧迫してしまったり、生活が苦しく感じてしまうことがあります。

理想のマンションを探す条件として、必ず家賃の上限や予算は決めておきましょう。

間取りはどのくらいが適切?

間取りはどのくらいが適切?

一人暮らしの場合、ワンルームや1Kに住む人が多いです。

仕事で外に出ている時間が長い人や、休みの日も外に出かけることが多いという人は、寝泊まりをする場所と考えるとお部屋が多少狭くてもストレスは感じにくいです。

お休みの日もお家でゆっくりしたい人や、インテリアコーディネートを楽しみたい人は、少し広めのお部屋を選ぶのが良いでしょう。

また、食事をする場所と寝室は必ず分けたいという人や、友人を呼ぶ機会が多い人は、1DKや1LDKを選んでおくのがおすすめです。

社会人がマンションを選ぶ3つのポイント

では実際にマンションを選ぶときのポイントを見ていきましょう。

1.会社までのアクセスを重視

1.会社までのアクセスを重視

エリアを決めてマンションを探す人が多いですが、社会人の場合は会社までのアクセスを重視してエリアを定めるのがおすすめです。

会社の近くの場所や、会社からは少し距離があっても電車1本乗り換えなしで通勤できる場所など、毎日の負担を減らすことを意識しましょう。

特にまだ仕事に慣れていない新社会人は、会社への出勤や帰宅がストレスになるのは避けるのがベストです。

2.最寄り駅を要チェック

2.最寄り駅を要チェック

マンションを選ぶときに会社へのアクセスと合わせて見ておきたいのが、最寄り駅です。

マンションの最寄り駅が何駅なのか、何線に乗ることができるのか、本数や始発・終電の時間を確認しましょう。

駅チカのマンションでも自分が乗らない路線の駅が近かったり、終電が早すぎてタクシーを利用することになっては意味がありません。

また、マンション情報に駅まで徒歩◯分と記載がある場合は、実際に歩いて確認してみるのがおすすめです。

自転車やバイクに乗る人は、マンションや駅周辺に駐輪場があるのかも確認しておきましょう。

3.休みの日の過ごし方を考えてみる

3.休みの過ごし方を考えてみる

休みの日はどんな風に過ごすのかを考えると、マンションを選びやすくなります。

お出かけをする人は、お買い物や食事ができる施設が多いエリアがおすすめです。

一方、家で過ごすことが多い人は、繁華街から少し離れた場所のマンションを選ぶと家賃を抑えることにもつながります。

マンションの周辺環境の良し悪しは、自分のライフスタイルに合わせておくと快適に暮らすことができますよ。

失敗しないマンション探しを

社会人になると金銭的な余裕も出てきますが、どこまで家賃や暮らしに使うのかはライフスタイルによって変わります。

どんな生活をおくりたいのかをイメージしながらマンションを探しましょう。

少し贅沢に、豊かな暮らしをしたい人におすすめのデザイナーズ賃貸マンションはこちらでご紹介しています。

十三で叶える豊かな暮らし。利便性の高い駅近デザイナーズマンション

暮らしの充実度を高める。桜ノ宮のおすすめデザイナーズマンション


カテゴリ



新着記事