コラム

賃貸VS購入、マンションはどっちが良い?メリットデメリットを比較してみた

  • お役立ち情報
賃貸VS購入、マンションはどっちが良い?メリットデメリットを比較してみた

新しい住まいを探すときに悩む人が多いのが、賃貸か購入かの選択です。

賃貸マンションに暮らしていると更新のたびに、また賃貸に引っ越すか、次は購入するかを検討しているのではないでしょうか?

そこで今回は、マンションの「賃貸」と「購入」を比較します。

それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、今後の住まいを決めましょう。

賃貸マンションのメリットとデメリット 

引っ越しがしやすく常に新しい環境に身を置くことができる身軽さが賃貸の魅力ですが、デメリットもあるので覚えておきましょう。

賃貸のメリット

賃貸のメリット

手放すのが比較的簡単

賃貸のメリットとして、今住んでいるマンションを手放すことが比較的簡単で身軽に引っ越しをすることができます。

持ち家ではないため、急な転勤や家族構成の変化によって住まいを変えることになっても、柔軟に対応できます。

常にキレイなマンションに住むことができる

引っ越しをするたびにキレイな状態のマンションに住めます。

また更新のたびに新築マンションへ引っ越せば、最新の環境で生活することも可能です。

固定資産税が要らない

費用面の比較をする場合に注目したいのが、賃貸は固定資産税が不要ということです。

賃貸の場合、固定資産税はマンションのオーナーや大家さんが支払うため、住民は支払う必要がありません。

劣化しても自分の所有物ではない

賃貸マンションは、劣化した場合の修繕費などもかかりません。

自分の持ち物ではないため、劣化した場合はリフォームするのではなく新たな場所に引っ越すことで解決します。

(※故意に物件を破壊した場合、修理費を請求されることもあります。)

賃貸のデメリット

賃貸のデメリット

老後の資金面の不安がある

賃貸マンションの場合、毎月の家賃を支払続ける必要があるため、老後に不安を抱える人が多いようです。

働けるうちにマンションを購入してローンを組むほうが、将来の不安は少なくなるでしょう。

管理費や更新費がかかる

賃貸の場合、家賃と合わせて必要なのが管理費や更新費です。

こちらは家賃と同様マンションごとに費用が異なるため、年間でいくら必要になるかの見通しをつけておく必要があります。

自分で手を加えられない

賃貸マンションの場合、自分で手を加えることができないため、内装の自由度は下がります。

後から改装やリフォームができないため、自分の理想の部屋を探す必要があります。

マンション購入のメリットとデメリット

持ち家で将来の不安無く生活できることがマンションを購入することの魅力ですが、ローンが重荷になってしまうこともあるので注意しましょう。

購入のメリット

購入のメリット

マンションが資産になる

賃貸とは異なり、購入したマンションは自分の資産になります。

誰かに家賃を支払うのではなく、自分の資産のためにお金を使うことができます。

老後に家賃の支払いが不要

ローンの支払いを早い段階で済ませれば、家賃を支払い続ける必要がありません。

収入が高いうちに支払いを済ませることもできるので、老後の資金の不安がなくなります。

年齢によってはローンが組みやすい

若いうちは賃貸と考えている人も多いですが、年齢が若ければローンも組みやすくなります。

また、ローンの年数によっては月々の支払いを抑えることができます。

購入のデメリット

購入のデメリット

すぐに手放すことができない

マンションを購入する場合、初期費用なども支払うためすぐに引っ越すことは難しいでしょう。

近隣とのトラブルやライフスタイルの変化があった場合に、すぐに家を変えるということが困難になります。

ローンを背負う

ローンを支払い終わるまでは、家賃と同様毎月の支払いが必要になります。

何年までにいくら支払う、いつまで仕事を続けるといった計画性を持って購入する必要があります。

劣化した場合の修繕が必要

新築マンションを購入した場合でも、年数が経つとともに劣化する箇所はでてきます。

その場合の修繕費やリフォーム費用が必要になります。

賃貸か購入かはどうやって決める?

迷ったときには、まずは下記の2つもポイントに注目してみましょう。

  1. 費用
  2. ライフスタイル

1.費用で比べる賃貸と購入

1.費用で比べる賃貸と購入

費用については、一概にどちらの方がお得であるか断言するのは難しいでしょう。

どのくらいの費用の家に何年住み続けるのかによって、生涯にかかる費用は異なります。

自分の資産を持ちたい、そこにお金を使いたいという場合は購入がおすすめです。

現時点では資産は必要ない、家賃を支払い続けることに不安がないという場合は賃貸がおすすめです。

2.ライフスタイルで比べる賃貸と購入

2.ライフスタイルで比べる賃貸と購入

住まいを探すときには、ライフスタイルの変化も考慮しておきましょう。

現在は一人暮らしでも、転勤や結婚、親と一緒に暮らすといった変化がある場合は、それに合わせてマンションを購入するのも一つの手段です。

すぐに引っ越しができる方が利便性が高いと考える場合は賃貸がおすすめです。

将来を見据えて理想の住まい探しを

今回は、マンション購入と賃貸を比較しました。

どちらを選ぶにしても、将来のことを考えることが第一です。

じっくり比較して、理想に合う暮らしを手に入れましょう。

カテゴリ

新着記事