コラム

間取りや立地だけじゃない!同棲するマンションで注目したいことリスト

  • お役立ち情報

マンションを探すときに間取りや立地はもちろん大切ですが、それだけを見ていると住んでみたときに後悔するかもしれません。

カップル2人で同棲するマンションでは、一人暮らしや実家暮らしのときには気づかなかったトラブルや失敗が起こる可能性があります。

そこで今回は、同棲するマンションで注目したいところをリストにまとめました。

これからマンションを探す人は、ぜひ参考にしてお2人で相談してみてください。

同棲カップル必見!初めてのマンション探しの注意点

いつも一緒にいるカップルでも、同棲をして初めてわかることがたくさんあります。

生活を共にするからこそ、住む場所を決める前にお互いの生活について理解しておきましょう。

特に、次の3つの事柄は同棲を初める前に2人で相談しておきたい事柄です。

1.生活リズムのすれ違いはないか

1.生活リズムのすれ違いはないか

朝起きる時間や、仕事から帰る時間など30分差があるだけでも生活リズムの違いによってすれ違いが起きる可能性があります。

まずは2人の1日の流れを確認しておきましょう。

これによって部屋をいくつにするかなどの間取りや、駅までの距離はどのくらいにするかなどの立地も絞ることができますよ。

2.私生活のこだわりに注意

2.私生活のこだわりに注意

同棲して初めてわかるお互いのこだわりがあります。

例えば、お風呂の時間の長さや、朝は必ずコーヒーを飲みたい、バスタオルは毎日洗う派など、それまで自分の中では当たり前だったことが、一緒に住むと驚かれるかもしれません。

特に、女性のメイク道具の収納場所などは男性が想定していないものでもあるので、事前に相談して間取りに反映させるようにしましょう。

3.家事のやり方が違う

3.家事のやり方が違う

育った環境や今までの生活リズムによって大きく変わるのが家事の手順です。

食器洗いはまとめてするか食後すぐか、洗濯は朝か夜か、生活リズムにも関わってくる部分です。

家事動線を考えたり、間取りを考えたりするときに必要な情報なので、お互いに共有しておくと失敗しにくくなりますよ。

同棲を初める前にチェックしたい!マンション探しのチェックリスト

お互いの生活を確認したら、次は同棲するマンション探しです。

一人暮らしの物件探しとは少し異なる部分があるので、間取りや立地だけでなく、細かい部分まで2人で確認しましょう。

・2人入居可能か

・2人入居可能か

マンションが2人以上の入居ができる物件であるか確認しましょう。

単身者向けのマンションの場合は同棲をすることができません。

物件情報に「2人入居可」などが記載されているかは確実にチェックしてください。

・部屋の数

・部屋の数

同棲の場合、1LDKや2DK、2LDKなどがおすすめです。

自分だけの時間を持ちたい場合、リビングやダイニングとは別にもう一部屋あると安心です。

また、生活リズムが異なるカップルの場合も、部屋数の多い間取りを選ぶとすれ違いや揉め事になりにくいですよ。

・通勤時間がかかりすぎないか

・通勤時間がかかりすぎないか

お互いの通勤時間が長すぎない場所を選びましょう。

特に電車通勤の場合、立地重視で最寄り駅まで近い距離の場所を選んだのに、快速が止まらない駅だったり、会社まで何度も乗り換えが必要になった、という失敗もあります。

単純に距離だけではなく、実際にどの程度の通勤時間がかかるのかをチェックしましょう。

・家賃は2人の手取りの合計の3分の1以下か

・家賃は2人の手取りの合計の3分の1以下か

一般的に家賃は手取り収入の3分の1以下が目安とされています。

同棲の場合、2人の収入を合わせるのでそれだけ良いマンションを探すことができますが、金額には注意が必要です。

毎月の家賃が家計の負担にならない範囲でマンションを探しましょう。

・バス・トイレ別か

・バス・トイレ別か

同棲ではバス・トイレ別は絶対と言っても過言ではない条件です。

バス・トイレ・洗面台が一緒という間取りの場合、どちらかがお風呂に入っていると洗面台が使えないなどの不便が起こります。

マンションを探す条件として必ずチェックしておきましょう。

・マンション内ゴミ置き場があるか

・マンション内ゴミ置き場があるか

同棲ではゴミの量も一人暮らしのときの倍になると考えておきましょう。

その場合、いつでも手軽にゴミ出しができるマンション内のゴミ置き場がある物件は便利です。

初めての土地に住む場合、ゴミの分別についても調べておくことをおすすめします。

・追い焚き機能はあるか

・追い焚き機能はあるか

オプションのように扱われることの多いお風呂の追い焚きですが、同棲するマンションでは最低条件としておいても良いでしょう。

特に、生活リズムが異なるカップルの場合、追い焚き機能があれば光熱費を削減できますし、いつでも熱々のお風呂で疲れを癒やすことができます。

・マンション周辺の施設

・マンションの周辺の施設

生活するために必要な施設が揃っているかも確認しておきましょう。

  • スーパー
  • コンビニ
  • 病院
  • 銀行
  • 郵便局

上記の施設が生活圏内にあるマンションを選ぶことをおすすめします。

また、ペットと暮らす場合は動物病院や公園があるか、休日に一緒に行けるカフェがあるかなども合わせてチェックすると同棲のマンション探しも楽しくなりますよ。

同棲ライフを楽しむコツはトラブルの原因を無くすこと!

今回は同棲するマンションを探すときにチェックしたいことをご紹介しました。

2人で生活するとどうしても問題が起こってしまいますが、その原因を取り除くためにも、間取りや立地と合わせてしっかり確認しておきましょう。

準備期間も2人一緒に話し合って、同棲後の生活を思い浮かべるときっと楽しくなるはずです。


カテゴリ



新着記事