コラム

6帖の寝室って狭い?ダブルベッドを置くことはできる?

  • お部屋探し

1LDKや2LDKのお部屋でよく見かける6帖程度の洋室ですが、寝室として使うことはできるのでしょうか?

寝室は独立した部屋にしたいという人が多いですが、実際に6帖の寝室に家具を置くと狭いということは避けたいですよね。

そこで今回は6帖のお部屋にベッドを置くことを想定して、広さを解説していきます。

6帖の部屋は寝室に!知っておきたい2つのこと

寝室の広さを考えるときには、前提として次のことを頭に入れておきましょう。

部屋の広さを考える前に!地方による”1帖”の違い

部屋の広さを考える前に!地方による”1帖”の違い

物件を探すエリアによって1帖(1畳)の広さが異なる場合があります。

1帖の広さは、公営住宅や団地アパートなどで使用される「団地間」、東日本で使用されることが多い「江戸間」、東京・愛知・岐阜などで使用されることが多い「中京間」、西日本で使用されることが多い「京間」の4つに分けられます。

  • 団地間 1帖は約170cm×85cm/6帖は約340cm×255cm
  • 江戸間 1帖は約170cm×85cm/6畳は約352cm×264cm
  • 中京間 1帖は約182cm×91cm/6帖は約364cm×273cm
  • 京間 1帖は約191cm×95cm/6畳は約382cm×286cm

間取り図の記載では6帖になっていても、実際に内見してみると少し狭く感じたり、広く感じたりするのは、地域差のためです。

また、壁の厚みによっても部屋の広さが変わることがあります。

6帖の寝室に大型の家具を置きたいと考えている人は、内見の際に実際の部屋のサイズを測っておくのがおすすめです。

部屋の形に要注意

部屋の形に要注意

同じ6帖の部屋でも、間取りによって部屋の形が異なります。

寝室にしてベッドを置く場合、正方形や長方形に近い形の部屋がおすすめです。

建物の形に合わせて斜めの部分がある、部屋に柱があるなどの場合は寝室として不便なことも考えられるので注意しましょう。

ベッドを置くと狭いって本当?

6帖程度のお部屋を寝室にする場合、ベッドを置いたときの部屋の余白を考えておく必要があります。

ベッドは何台置くことができるのか、ベッド以外にも家具を置くことができるのかを考えてみましょう。

また、寝室をどんな風に使いたいかイメージしておくことも大切です。

自分の生活を振り返ったり、理想の生活像を描いたりしながら、どんな寝室にしたいかを思い浮かべておきましょう。

6帖の寝室×シングルベッド

6帖の寝室×シングルベッド

6帖の寝室にシングルベッドを置く場合、壁にぴったりとベッドをつける形で配置すると、他の家具を置くスペースを確保することができます。

小型のものであればテレビやソファも置くことができるので、寝室兼居室として使用することもできます。

寝室を自分だけのプライベート空間にしたい人におすすめです。

6帖の寝室×セミダブルベッド

6帖の寝室×セミダブルベッド

セミダブルベッドは、シングルベッド+20cmの大きさです。

6帖の部屋に置いても、十分に余白ができるので、他の家具を置くことができます。

広々としたベッドで寝たい人や睡眠にこだわりたい人におすすめです。

6帖の寝室×ダブルベッド

6帖の寝室×ダブルベッド

ダブルベッドはセミダブルベッドより20㎝大きいサイズです。

2人で使用する場合は、部屋の中央あたりに置くとベッドの両脇に通路を確保した寝室に仕上がります。

ダブルベッドを置く場合、他に大型の家具を置くことは難しくなります。

サイドテーブルやランプなどは置くことができるので、寝室を睡眠スペースとして使用したい人におすすめです。

6帖の寝室×クイーンベッド

6帖の寝室×クイーンベッド

クイーンベッドはダブルベッドよりも20㎝以上大きく、横幅が160cm〜170cmのものが大半です。

6帖の寝室に置く場合は、通路が狭くなってしまうため壁に寄せる形が無難です。

狭く感じてしまったり、部屋のクローゼットの扉やベッド収納の引き出しが使えない可能性があります。

また、通路が60cm以下の場合、生活動線が確保できなかったり掃除がしにくくなったりする可能性も考慮しましょう。

睡眠環境を整えて、寝室は寝るためだけに使いたい人におすすめです。

6帖の寝室×シングルベッド2台

6帖の寝室×シングルベッド2台

2人暮らしでシングルベッドを2台置く場合、クイーンベッドより20~30cm以上大きくなることが予想されます。

ベッドとベッドの間にサイドテーブルを置きたい場合、大型のものは難しいでしょう。

また、狭く感じてしまったり、部屋のクローゼットの扉やベッド収納の引き出しが使えない可能性があります。

通路が60cm以下の場合、生活動線が確保できなかったり掃除がしにくくなったりする可能性も考慮しましょう。

睡眠環境を整えて、寝室は寝るためだけに使いたい人におすすめです。

6帖の寝室を広く見せるには?

6帖の寝室を広く見せるには?

6帖の寝室が狭いと感じるときには、家具選びにこだわってみるのも手段の一つです。

狭い寝室は、ロータイプの家具を選びましょう。

ロータイプの家具は部屋の圧迫感をなくして広く見せてくれます。

理想の物件だけど寝室の広さがネックになっているという場合は、家具選びやレイアウトで解消してみましょう。

6帖の部屋を理想の寝室に

6帖の部屋は決して狭いわけではなく、寝室に使用するにも十分です。

ただし、置く家具によっては部屋の使い勝手が失われたり、快適さが半減するので注意が必要です。

▽関連記事

マンションの間取り図の見方を徹底解説!記号の意味や注意するポイントとは?

より良い住まい探しの参考に!みんなが引っ越しを決めた理由4選

引っ越しにおすすめの時期はいつ?お得にスムーズに進める方法


カテゴリ



新着記事